煌きの水晶

今日という日の始まりから煌く笑顔で心をいっぱいに・・・

「霊気」感じます・・・そして「煌めき」に変えたいです

 

霊気とは

 

 明治末~昭和初期に流行した霊術として広く使われていた用語です

手のひらから放射される癒しのエネルギーを意味する一般的な言葉だったようです

当時は霊術の一種の治療術でした

「お手あて」

「お手かざし」

「触手療法」

と呼ばれていました、耳にした事も有るかと・・・

 f:id:dokomademo16:20180620152912j:plain

自然治癒力

 

人間に備わっている自然治癒力に対する、東洋に於ける世界観・宗教観に

沿って引用されてきたようです

施術者は、手から普遍的なエネルギーを発するのです

それを患者に送り、患者の回復を促していると考えています

これは生命エネルギー、宇宙エネルギーと考えらるそうです

人間の身体を流れ、人間を生かすものだとされてきたのです

 f:id:dokomademo16:20180526155643j:plain

私ができる事

 

肩こりや胃が痛い人、どこかが辛い人がいるとします

その部分に近づくとかざした掌に熱を感じることが出来ます

そして、患部に近づくにつれ段階を経て温度が上がります

その部分に集中することによりかざした掌を通して熱を収められるのです

「気」を巡らす手伝いをしてあげることで、相手の不快な場所を楽にさせてあげられることが出来るのです

 

特に、修練を重ねたわけではありません

人間の持っている「自然治癒力」の表れなのでしょう

或る時から急に日常になりました

  

その他

 

気がめぐっていない人が近づくと悪寒が身体を駆け抜けます

助けを求めているのかもしれませんね・・・

でも、他人だと声をかけることもできずに通り過ぎてしまうことがほとんどです

私と波長が合えば、コミュニケ―ションを取ることも可能な場合もあります

 

これが、素敵なパワーであれば何かに役に立てたい気持ちもあります

誰かの力になれるならとても、素晴らしい事です

いま、少しだけできていることは「パワーストーン」に「気」を込めて

身近な方には差し上げています

f:id:dokomademo16:20180523160506j:plain

「危ない」と感じる方はわかるので、主にストラップにして差し上げています

とりあえずは、喜んで身に着けてくれます、「喜び」という心の「ほころび」で

心が、和らぐことで、陰が陽に変化し自然と取り巻くオーラの色にも変化が

人の心と身体は温かさを求めています