煌きの水晶

今日という日の始まりから煌く笑顔で心をいっぱいに・・・

備えていると世界が一変して見えてくるだろう・・・「力」・・・是非、欲張りたいものです

 

今日は、いつも心に蔓延っている 「力」 関係を考えてみます

f:id:dokomademo16:20180824105945j:plain

 

霊能力

 

霊能力を使う者・霊感が発達している者を、霊能者または、霊能力者と呼ぶ

 

霊視とは

 

霊(または神仏)を見る能力

その場にいる様々な霊の中から、自分の見たい霊だけを選択的に見ることができる能力

 

眼通力(千里眼)とは

 

遠くの人や物を霊視する能力

 

霊聴とは

 

霊の声を聴いたり、会話したりする能力

霊と人間がしゃべっているときは、声が色付きの光になって「見える」という説もある

 

テレパシーとは

 

霊聴によって相手が考えていることや感じていることを聞く能力

  

dokomademo16.hatenablog.com

 

仏教における霊能力(神通)

 

 

「六神通」とは

 

仏・菩薩などが持っているとされる6種の超人的な能力

 

・ 神足(じんそく)通

機に応じて自在に身を現し、思うままに山海を飛行し得るなどの通力。

・ 天耳(てんに)通

ふつう聞こえる事のない遠くの音を聞いたりする超人的な耳。

・ 他心(たしん)通

他人の心を知る力。

・ 宿命(しゅくみょう)通

自分の過去世(前世)を知る力。

・ 天眼(てんげん)通/、死生智(ししょうち )

衆生の過去世(前世)を知る力

・ 漏尽(ろじん)通

自分の煩悩が尽きて、今生を最後に、生まれ変わることはなくなったと知る力

 

神通というもの

 

仏典の中には一種の超能力とも呼べる事柄も説かれている

・他心通-修行によって集中力を高めた心の力により、他人の心を知る

・宿命通-自分の過去世を知ることができる 

 

仏教では修行のもとに、たくさんの能力を持った僧侶・仙人が実在したようです

 

研ぎ澄まされた精神力からなる心は

     多分、人を超えた「 」をも得たのでしょうね

 

「神通」なるものの1つでも手にすることを望むのは、最悪の「欲」なのでしょうね

知らぬ間に、備わっていたとしたら???

  生きているうちに、徳を積んだ現れと考えることにします

「六神通」の中で一つだけ60%くらい該当するものが有ります

    この「力」成長させるべきです・・・・

頑張る!

 

 

dokomademo16.hatenablog.com

 

私の独自の「力」 

 

亡くなった人が夢に出てきました

もう、何十年もの時が流れたのにもかかわらず少しも変わらぬ姿

そして、その世界では亡くなっているという意識がお互いになく普通に過ごしている

亡くなった人の夢は会話が無いといわれますが、私たちの場合は良く話しています

その会話の内容が現実にプラスになる予知的な言葉なのです

まず、出演する人物(霊体)によって目覚めたその日が良い日か悪い日か決まります

印象深く記憶に残っている目覚めの日は、比較的行動が慎重になります

そんな行動を求めての夢かもしれませんね

何かを伝えようとしてくれているそれを十分に把握できないことが

私の未熟さです・・・

 

f:id:dokomademo16:20180824110138j:plain

要するに

 

誰もが得ることのできない「力」

かといって、修行を行ったとしても得られるかどうか解らない「力」

もしも、こんな「力」を授かっていたならば・・・

  と 考える私はとても暇なのかもしれない

 

dokomademo16.hatenablog.com